この記事は Marco Cantu による What’s New in FireDAC for Firebird in RAD Studio 10.3.1 の抄訳です。

FireDACがサポートする多くのデータベースの中で、私たちの顧客が一般的に使用しているものがFirebird(InterBaseのオープンソーススピンオフ)です。 FireDACはFirebirdとInterBaseを1つのドライバで扱っていました。これらは長い年月を経ても互換性のある部分が多いためです。しかし、最近になって、R&Dチームはこのドライバを、それぞれのデータベース特有の構成設定とデフォルトを備えた2つの別々のドライバに分割しました。

RAD Studio 10.3では、いくつかの特定の新しい機能、gbakの出力に新しい統計機能、isc_database_info() 呼び出しの変更、いくつかのFB$OUTパッケージ、ローカル接続、およびオンライン検証。Firebird 3.0のサポートを提供します。

最新のRAD Studio 10.3.1では、Firebird 3.0の機能をいくつか追加しました。

FireDAC全体では、その他の改善も行われました。しかし新機能については、Firebirdを使用するすべてのお客様にとって、限定的かもしれませんが、重要なポイントです。