SSL証明書を使用するIndyサーバーに関連する問題を改善したRAD Studio 10.3.3のパッチをリリースしました。

RAD Studio10.3.3が提供しているIndyライブラリの一部のリグレッションが原因で、WindowsプラットホームでIndyを使用したWebサーバアプリケーションがSSL証明書を読み込めない問題が発生しております。この問題はQuality PortalでRSP-27144として報告されました。

パッチはhttps://cc.embarcadero.com/item/30906からダウンロードできます。

このパッチには、修正されたソースコードとコンパイルされたバイナリ(DCU、パッケージ)が含まれております。
※内部でIndyライブラリを利用している開発版RAD Serverの修正モジュールも含まれております。

パッチの適用手順は、以下の通りです。

  1. RAD Studioを終了します。
  2. RAD Studioのメインフォルダ(通常はC:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\20.0)より以下のファイルをバックアップします。
    • bin\EMSDevServer.exe
    • bin\EMSDevServerCommand.exe
    • bin\IndyProtocols260.bpl
    • bin64\EMSDevServer.exe
    • bin64\EMSDevServerCommand.exe
    • bin64\IndyProtocols260.bpl
    • lib\win32\debug\IdSSLOpenSSL.dcu
    • lib\win32\release\IdSSLOpenSSL.dcu
    • lib\win64\debug\IdSSLOpenSSL.dcu
    • lib\win64\release\IdSSLOpenSSL.dcu
    • source\Indy10\Protocols\IdSSLOpenSSL.pas
  3. ダウンロードした Indy_SSL_Patch.zipファイルを解凍します。
  4. 展開されたファイルセットをRAD Studioのメインフォルダに上書きコピーします。

※Delphi / C++Builder / RAD Studio 10.3.3 向けのパッチはリリース順に適用する必要があります。
リリース済みのパッチリストは下記記事をお読みください。
RAD Studio / Delphi / C++Builder 10.3.3 パッチリスト

Reduce development time and get to market faster with RAD Studio, Delphi, or C++Builder. Design. Code. Compile. Deploy.

Start Free Trial   Free Delphi Community Edition   Free C++Builder Community Edition   Upgrade Today