RAD Studio / Delphi / C++Builder 10.3.3 でコード補完ポップアップウィンドウのスクロールバー、アクションコンポーネントの使用に関する問題や、日本語、ドイツ語、フランス語のローカライズに関する問題を修正する2つのパッチをリリースしました。

IDEおよびVCLパッチ

このパッチは次の問題に対処いたします。
  • RSP-26731 Code completion popup leaves scroll bar window floating
    IDEのエディタ内でコード補完ウィンドウを表示中に、別のアクティブウィンドウへ切り替えて(例えば、コンパイルダイアログを表示するためにコンパイルするなど)コード補完ウィンドウが閉じられた後、(コード補完ウィンドウの)スクロールバーの表示が残ってしまうことがある。

  • RSP-27035 Using TActionManager or TPopupActionBar gives error, "F2613 Unit 'IDETheme.ActnCtrls' not found."
    TActionManagerやTPopupActionBarといったのアクションコントロールを使用すると、コンポーネントが配置されたフォームのuses句に内部IDEユニットが追加されます。但し、 これは内部ユニットであるため、コードはコンパイルされません。 コンポーネントがフォームに配置されるときにuses句が追加されたエントリは、各コンポーネントのクラスとプロパティからRTTIから生成されます。 このエラーは、IDEもアクションコントロールを使用して実行時に値を設定し、自動依存関係ウォークが内部ユニットへの参照を見つけて、それを必要なユニットリストに追加したことによって生じます。
このパッチは、https://cc.embarcadero.com/item/30903 から入手できます。
インストールの手順は、以下の通りです。
  1. RAD Studioを終了する
  2. RAD Studioをインストールしたフォルダの以下のファイルをバックアップしてください。
    例えば、C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\20.0\bin\themeloader260.bpl
  3. “RS1033_IDE_VCL_Patch.zip”ファイルを展開してください。
  4. 展開したthemeloader260.bplをC:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\20.0\binへコピー(上書き)してください。
  5. RAD Studioを再起動する

ローカリゼーションパッチ

RAD Studioの日本語、フランス語、ドイツ語のローカライズには多くの問題がありました。ローカリゼーションパッチには、インストールした言語に応じて、フランス語とドイツ語(2.2MB)、および日本語(82MB)の2つの異なるパッチがあります。これらはダウンロードサイズによって分割されています。 必要な場合は両方をインストールできます。
インストールの手順は、以下の通りです。(日本語版の場合)
  1. RAD Studioを終了する
  2. “RS1033_L10n_patch_JA.zip”ファイルを任意のテンポラリフォルダに展開してください。
  3. 展開したファイル群をRAD Studioをインストールしたフォルダ以下へコピーしてください。
    例えば、C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\20.0
  4. RAD Studioを再起動する

Reduce development time and get to market faster with RAD Studio, Delphi, or C++Builder. Design. Code. Compile. Deploy.

Start Free Trial   Free Delphi Community Edition   Free C++Builder Community Edition   Upgrade Today  

Anonymous