この記事は David Millington によるRAD Studio 10.3.2 C++ Debugging Patchの抄訳です


従来のコンパイラ(bcc32)とClangコンパイラ(bcc32c)を使用してローカル変数をデバッグするためのパッチ

C++Builder 10.3.2の不具合を修正するパッチ(ホットフィックス)を提供開始しました。

  • 従来のコンパイラbcc32でビルドしたアプリケーションをデバッガで実行する際に、変数の値を正しく評価、監視できないという問題に対応しました(RSP-25943)

また、先日リリースした修正プログラム「RAD Studio、C++およびDelphi Toolchainパッチ(2019年8月14日付けリリース)」ではWin32 Clang拡張コンパイラで類似の症状が発生する問題(RSP-25527)が解消されます。

これらの修正プログラムにより、変数の評価がWin32向けコンパイラbcc32とbcc32cの両方で正しく扱われない問題を解決します。

先日のパッチと今回のパッチのインストールを行う場合は、その順番に注意してください。パッチはリリースされた順に古いものから適用する必要があります。このパッチを適用する前に「RAD Studio、C++およびDelphi Toolchainパッチ」を適用してください。

このパッチはhttps://cc.embarcadero.com/item/30890よりダウンロード頂けます。

パッチの詳細や正確なインストール手順はダウンロードしたパッチに含まれるreadmeをご確認ください。

Anonymous