先月のAtanas PopovによるGMアップデートブログ記事をご覧いただいているかもしれませんが、今回、EnterpriseおよびArchitect版のSKUについて、変更を加えるべく作業を進めてきました。

今回、Enterprise Connectors(CData FireDAC Professional)サブスクリプションライセンス(税別150,000円相当)がDelphi / C++Builder / RAD Studio 10.3 EnterpriseおよびArchitectに含まれるようになりました(入手方法は以下をご確認ください)。EnterpriseまたはArchitect版のアップデートサブスクリプションユーザーも、Enterprise Connectorsのライセンスキーを入手できます。

CDataの技術によって提供されるEnterprise Connectorsを用いれば、データベースへの接続と同じく簡単に任意のエンタープライズアプリケーションに接続できます。

主なメリット:

  • Enterprise Connectorsを用いることで、データの移動、統合、分析が容易に。70を超えるエンタープライズアプリケーションに、SQLを用いた標準モデルで単純に接続でき、容易に統合ができます。
  • QuickBooks Desktop, MailChimp, Salesforce, YouTube, SugarCRM, Jira, SurveyMonkey, Amazon DynamoDB, Couchbase, PayPal, eBay, Google Sheets, Facebook, Twitter, Slack, Dropboxなどに接続可能なコンポーネントを利用可能。

Enterprise Connectorsのサブスクリプションライセンスの入手方法:

  • https://reg.codegear.com/srs6/promotion.jsp?promoId=561にアクセスします。
  • アップデートサブスクリプションが有効なお持ちのDelphi / C++Builder / RAD Studio EnterpriseまたはArchitectのシリアルナンバーを入力します。
  • 画面の手順に従って手続きを完了します。
  • Enterprise Connector (CData FireDAC Professional) サブスクリプションライセンスキーとダウンロードリンクが記載されたEメールを確認し、必要なコネクターをダウンロードしてインストールします。
    • 利用可能なコネクターは、こちらの「Professional Subscription」の箇所に表示されています。

注意:CData Enterprise Connectorサブスクリプションキーは、所有ライセンス数に関わらずEDNアカウントごとに1つのみ割り当てられます。アカデミック版は対象外です。

Enterprise Connectorsのサポートについては、support@cdata.co.jp までお問い合わせください。

関連情報:

Anonymous